投資が大切なんだろうと思われる。

お金持ちが、タンス預金にしないで、一部を投資に回したりすることも大切なのだろう。
お金をたくさん持っている人は、その使い道がわからないかもしれないけど、会社は投資家のお金が頼りだ。
だからこそ、売れれば利息も付けられるし、儲かりすぎたときには、それをチャージバックできるのである。
会社は、いつも商品が売れてばかりいる訳じゃないから、売れなくなったときには、銀行さんが貸し渋ると倒産という、ひどい目に遭う。
銀行さんは、優秀で、ある程度実績もあって、審査も通るようなところでないと貸さないから、小さい会社だったり、いつ売れなくなるかわからないような不安定なところには貸さない。

だから、ベンチャー企業でも、有能だったとしても、それを認めて何かの時にはお金を借りられるか?といったら、特に今みたいなデフレ傾向にある時には、もっと貸し渋るだろう。
バブルのつけの借金を各銀行が、だいぶ支払い終わってきて、復調の兆しを見せてきているけど、まだ、おいそれと貸さないだろう。
投資家は、とにかくなくてはならない応援団だ!!

どんな相場状況にも耐えられる戦略を立てておく

世界の経済にただならぬ嫌な雰囲気が漂っていますが、何が発生してもよいような資産運用戦略を今のうちに立てておくことが大事でしょう。日頃から毎日情報の収集を怠らず、実際に資産運用する時に今一番有効と思われる戦略をとっていきたいところ。今上昇している金や銀、原油などのコモディティは金融危機が発生すれば暴落する恐れが大いにあるということなので、リスクを最小限に抑える戦い方もしておくことを提案します。
FXで言うところの「ドル円が75円60銭を切ったらロスカットする」といったようにあらかじめ想定しておき、傷口を浅く抑える方法です。金融ショック時の相場は、異常なほどに上下動するので、いつも以上に神経質に対応しないとすぐに損失が膨らんでしまいます。
ありあまるくらい準備万端の戦略と分散化されたポートフォリオ作り、十分すぎるくらいの資金管理術を組み合わせながら、暴落や暴騰の時に備えておくことが今求められています。
トラリピで楽々FX!
いくつもの自動売買戦略を同時に楽々発注できるマネースクウェア・ジャパンのトラップリピートイフダンという特許取得の注文方式です。

金融危機に備えあれば憂い無し

ギリシャ問題がきっかけになって欧州不安が広がっていますが、この不安はリーマンショックの時とは違って、まだ金融危機と言えるほどの相場へ与えるショックの度合いはまだまだ少ないですよね。 続きを読む »

効率のよい外貨投資を考える

外貨投資を行う時はどんなことに注意したら良いのでしょうか。また、海外資産へ投資する対象で今魅力のあるのはどんなものなのでしょうか。 続きを読む »

円高が進んでまいりました

最近の円高で投資意欲が湧いてきている人も多くなっていることでしょう。海外旅行時のお買い物も以前と比べて破格の値段でショッピングできたり、大きな話になると円高を利用して海外の不動産を購入して円資産を海外に移動する人もいるそうです。個人レベルではFXで外貨を買ったり、海外の株式を購入したりできるかもしれません。
日本の十八番である製造業も海外移転を積極的に考えたり、実際に工場を設立したりして、脱日本を図っているところもあります。円高が日本経済に打撃を与えると考えることから、いかにして円高を利用すれば、日本経済が活性化されるのかを考える時代が着ているようですね。

FXのインターバンク直結口座
顧客の注文を自動的にすぐさま世界中の金融機関にダイレクトに結ばせて約定させる長所があるのがインターバンク直結型のFX口座です。

法人口座でFX
税制が有利になってレバレッジも数百倍まで活用できるメリットがあるのが法人専用のFX口座です。