投資が大切なんだろうと思われる。

お金持ちが、タンス預金にしないで、一部を投資に回したりすることも大切なのだろう。
お金をたくさん持っている人は、その使い道がわからないかもしれないけど、会社は投資家のお金が頼りだ。
だからこそ、売れれば利息も付けられるし、儲かりすぎたときには、それをチャージバックできるのである。
会社は、いつも商品が売れてばかりいる訳じゃないから、売れなくなったときには、銀行さんが貸し渋ると倒産という、ひどい目に遭う。
銀行さんは、優秀で、ある程度実績もあって、審査も通るようなところでないと貸さないから、小さい会社だったり、いつ売れなくなるかわからないような不安定なところには貸さない。

だから、ベンチャー企業でも、有能だったとしても、それを認めて何かの時にはお金を借りられるか?といったら、特に今みたいなデフレ傾向にある時には、もっと貸し渋るだろう。
バブルのつけの借金を各銀行が、だいぶ支払い終わってきて、復調の兆しを見せてきているけど、まだ、おいそれと貸さないだろう。
投資家は、とにかくなくてはならない応援団だ!!